> 脱毛後保湿の効率的な方法

脱毛後保湿の効率的な方法

脱毛後の肌は非常に荒れやすくなっており、
脱毛をしたあとはすぐに保湿などのコーティングを行う必要があります。
これは肌を守る作用があり、肌荒れや炎症を抑える効果があります。

保湿に必要なものは化粧水や乳液、クリーム等です。
いきなりクリームを脱毛箇所に塗るのはあまり効果的ではなく、
化粧水を染み込ませてから使用するのが効果的です。
色々とケア方法はあるでしょうから例えば格安両ワキ脱毛をやって
サロンの人にケア方法を聞いてしまいいいとこどりといった手を使うのは
ありでしょう。

脱毛後の肌は痛んだ状態

肌は潤いの層からできています。
脱毛後には、この潤いがとれてしまい、肌が非常に傷んだ状態になっているのです。
そこで普段使っている化粧水を使用して、肌に潤いを復活させます。

まずは化粧水を適量手に取ってから、脱毛箇所に化粧水を染み込ませます。
この時、脱毛後の弱った肌を擦らないように注意しましょう。
無理にこすってしまうと皮膚を傷つけてしまうおそれがあります。
必ず上から抑えるように、ゆっくりと化粧水を染み込ませていきます。

化粧水⇒乳液⇒クリームの順に

次に、乳液を同じ要領でゆっくりとカバーしていきます。
この乳液は、肌に染み込ませた化粧水を
蒸発させるのを防ぐ役割をしており、保湿の効果があります。
乳液をしっかりと塗ってカバーした後に、クリームを塗ります。
この時塗るクリームはハンドクリームなどでも構いません。
脱毛後の肌をいたわるようにクリームを薄く伸ばしていきます。

クリームのベタつきがなくなるまでゆっくりと塗りこんでいけば脱毛後の保湿は完了です。
これで、脱毛後に肌を傷めてしまったり炎症を起こしてしまうことはほとんどなくなります。